Ral'sBlue~店長の憂鬱~
泣くがいい、声を上げて泣くがいい…
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリ



最新記事



FC2カウンター



最新コメント



フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

プライムトーンのどっちか

Author:プライムトーンのどっちか



RSSリンクの表示



QRコード

QR



FC2ブックマーク



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Floyd Rose SPEED LOADER 搭載ギター。
良いギターとは。

初心者には弾き易いギター
有る程度弾けるようになったら全体的に音が良いギター。(自分の弾く音楽ジャンルに合ったギター)
耳が肥えてきたらバランスとかピッチとかが気になってきます。

でそれを超えると、作りだ音だどうでもよくなって、不思議と自分のテンションが上がるギターの方向へ。

テンションが上がるギターと言うのは、人によっては高額なギターで有ったり、古いギターで有ったり、好きなミュージシャンと同じギターで有ったり、他の人が持っていないギターで有ったり、そして、わけのわからん装置が付いているギターで有ったり…

そして


201112251.jpg

ぢゃーん


201112252.jpg


なんとも言えない中国製の粗悪品のような木目。

201112253.jpg

ヘッドには穴が開いてるし…


ん?

FLOYDROSE … フロイドローズ… のギター??

てーかペグが無いし。


201112254.jpg


スタインバーガー…???でもボールエンドでは無い。


201112255.jpg


こっちも…ダブルボールエンドでは無くダブルバレットと言った所か。



これはスピードローダーというトレモロで、発売から6年位経っているのにもかかわらず、日本でほぼお目にかかる事の無い逸品。
フロイドローズの代理店が入れてないみたいですねぇ。


ここで少しテンションが上がってきて、調べました。

大体スピードローダーってリボルバーの弾をカチョっと入れる アレですよねぇ。(普通知りませんよねw)

うーん、どうやら弦交換が速いと言う事のようです。

でリッチ-サンボラ(ボンジョビのギターの人)先生もお使いの様です。


しかし、どうやって変えるのか。


悪戦苦闘の約10分。

わかりました。

201112256.jpg

ここを引っ張れば弦は外す事が出来ます。

201112257.jpg


こんな感じになります。

そして弦を交換して


201112258.jpg


パチン、パチン、とリボルバーに弾を込めるように押して行きます。

201112259.jpg


弦交換完了!!

早い、速い、ハヤイ。まさに”スピードローダー”

さらにはチューニングもファインチューナーの微調整で済む程度の狂い。


この時点で”欲しいモード”全開になってきました。

弾いてみると、なぜかボディがすげー鳴ってます。

調べました。

コリーナでした…

中国製の粗悪品と言ってゴメンナサイ。

とってもいいギターです。

この機種の定価はわからなかったのですが、このギターの普通のボディのギターで40万円弱してました。

って事は…


ただこのギター、専用弦なんですよねぇ。弦を買うのにいちいちアメリカから送って貰わなければなりません。


悩ましい限りです。



スポンサーサイト

Tone Garge FWC-220ST "Fullwood Concept"
寒い、寒すぎる…車の外気温計をみると、1度…ってここはスキー場かい、と爆音でなつかしめのハードロックを聞きながら通勤する今日この頃、やっと

TONE GARAGE FULLWOOD CONCEPT ギターが入荷致しました。

お待たせしました、いやまだ誰も知らんですね。

こんなのです。

20111224.jpg


201112241.jpg


木のピックガード、木のコントロールノブ、そして木のピックアップカバー。

(レバースイッチノブは普通の樹脂製です。)

メイプルネック、ローズ指板、アルダーボディ、ブビンガピックガード、ウェンジピックアップカバーとウッドマテリアルを書くのが面倒…


そしてもう一本

201112245.jpg


201112246.jpg


メイプルネック、ローズ指板、アルダーボディ、ウェンジピックガード、ウォルナットピックアップカバー。


ペグ、ブリッジは世界のGOTOH。ピックアップはTONE GARAGE オリジナル。
指板のRは11R(280位)フレットはJASCAR #9662(ジムダンの6105と同じ位の物です)ネックグリップはFAT60s
CTSのポットCRLのレバースイッチ,SWITCH CRAFTのジャック、コンデンサーはオレンジドロップ。

とスペック的にはオーソドックスな感じです。

ボディ、ネック共に 塗装は極薄、激薄、爆薄よりも薄い”うすうす”と言う感じです。
ピックガード、ピックアップカバー共に”木”なので、使って行くうちに、良い味(音、見た目共に)出るのは間違いないでしょう。
見た目で想像できる鳴り+木のピックガードによる(と思う)鳴りで生鳴りは抜群、是非店頭でご試奏下さい!


ちなみにTONEGARAGEさんのHPに載っている商品ページの最初のと最後の個体です。

色が全然違って見えますが、うちの画像の色がほぼ実物のカラーです。

カメラの性能の違いが戦力の決定的差で無いと言う事を教えてやらんにゃならんですね。



ギター自作キットを小学校5年生に作らせてみた。
エレキギターの自作キットを小学校5年生の息子に作らせてみた。

201108111.jpg

キョーリツさんのSTMというキットです。
他にもHOSCOさんの所のがあるのですが、カラーを”ダンボール戦機”の”エンペラー”カラー(黒い3連星カラー)に塗りたいそうなので、下地処理をしているこちらを選択。

まぁ一度でもギターのネックを外した事の有る人なら簡単に作れそうな感じです。


201108112.jpg

こんな感じでパーツはわかり易く梱包されています。
一つ一つパーツに番号が打っていないので、パーツの表と手順表を交互に見なければならないです。
(パーツの名前を知っていれば楽勝ですが…)

夢中になって作らせて(作って)いたので、途中の画像は無いです。すみません。




201108113.jpg
完成。
小学校5年生が持つとこんな感じです。

とても簡単ですが、小学校5年生だと、ネジを締める力が足らないので、お父さんが一度締めてから子供に締めさせる事をおススメします。

ちなみにうちは電ドラで子供の手の上から私が押えて締めました。
すげー怖いです。

はんだ付けはせず、ジャックに配線は巻きつけました。アースはボディに穴が開いていなかったので、まだとってないです。
気になるようならブリッジにでもくくり付けさせます。

201108114.jpg

意外にかっこよく仕上がった為、3連星カラーにするかどうかは検討中です。

そんなこんなで2時間ちょっとでテキトーに組み上げたのですが、オクターブピッチもまぁまぁ取れていて、ネックもほぼストレート。ナットも最初見た時は完全にアウトだと思ったのですが、テンションガイドのおかげで、意外にもなんとか使えます。

フレットもちょっと高めのフレットで、正直FENDER JAPANより弾き易い…
塗装をしてないから、生音はそこそこ鳴りますしねぇ。

22Fにフレット浮きは有るものの、6弦2.3mm 1弦2.0mmくらい(弦高調整せずに)でふっつーに音づまり無しで弾けました…正直すり合わせは覚悟してたのですが、このまま使わせます。

ただこれを夏休みの宿題で教室の後ろに並べるのは…

バカ親丸出しですかねぇ・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。