FC2ブログ
Ral'sBlue~店長の憂鬱~
泣くがいい、声を上げて泣くがいい…
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



FC2カウンター



最新コメント



フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

プライムトーンのどっちか

Author:プライムトーンのどっちか



RSSリンクの表示



QRコード

QR



FC2ブックマーク



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


来週朝一で粗大ごみの回収業者が来るので…
来週、粗大ごみの回収業者が来るので、ちょっとバックヤードの整理?をしていたら

20150530 (7)

わすれさーあったときぃー なぜ よ・み・が・え・る? と頭をよぎるこの二本。

まーフェル ってのはフェルナンデスの略で、楽器業界に入ってからは”フェルさん”と呼ぶ(呼ばれる)様になったのですが、高校の時は”ふぇるなん”って呼んでましたね。(関西だけ?)

一般に40代の方はFSTと聞けばフロイドタイプの乗ったSSHのストラトとかブラッドギルスモデルとか、そう言うイメージで、ドストラトと言えばRSTなのでしょうけど…

20150530 (2)

普通のストラトやん。。。


20150530 (1)

裁判になったロゴやし…
二本ともラージヘッドやし。。。
ビュレットついてるし。。。

20150530 (3)

3点やし。。。


100%このロゴが復活する事が無いので、他のメーカーさんみたいに、突然リーッシュされる心配の無いのが良いですね。



この頃のフェルは
20150530 (4)
指板エンドにシリアル、指板修正したら消えそう・・・

20150530 (5)

メイプル指板だと絶対消えるし…


さぁ型番なんだろーっと思ったら
ケースに

20150530 (6)

AIU保険、懐かしい…

型番と大体の年式判明。
スポンサーサイト

Fernandes APG-DLX JPC 2011
いや実は、私、元フェルナンデスの人なんですよ…

だから思い入れは多分普通の人より強いです。。。 

で、前から興味のあった、JPC のAPG。

25.jpg

冷めた意見を言うと まぁジャパフェン作ってる所で作ってるAPG ですが、この写真を見る限り、 
何となく触手は動かないんですよね…


ただ、個人的に昔、まだFREって名前だった頃に使っていただけあって、形状は好きなんです。

なんで、ちょっと持って来てもらいました。

21.jpg


これがまた、カタログ等で使用されているのと全然違う、木目に金色のパウダーを擦り込んでるんですよ。。。

なぜカタログにちゃんと写さない…

私の好みに合わせて一番やらしいのを選んで持ってきたとの事。

トップは2Pのモノは存在しないと言われました。。。

ピックアップはダンカンのP-90構造のハムサイズ。 でっかいシングルコイルです。

24.jpg

MADE IN JAPAN。 ペグもGOTOH。ロック式です。もちろんブリッジもGOTOH。

最近日本製と謳ってるのに韓国製のパーツを使ってるメーカー、増えました。

正直、フェルナンデスって、その辺不器用で好きです(笑)

一応チタンのネック補強も入っているらしいです。

23.jpg

スルーネックみたいなセットネック。 

22.jpg

賛否の分かれるJPCのエンブレム。

まぁ日本製でこのスペックならこの値段はむしろ安いんですけど。。。どうだろう。

ミディアムスケールに24F仕様、トレモロ付、需要があると思うんですけどねぇ。
見た目はあれですが、このピックアップ、音は好きです。
[続きを読む]

Fernandes FR-STANDARD&APG-STANDARD お値打ちです。
最近、メーカーさんが色々新製品を案内してくれるんだけど、

高いのにこんなに酷い、、、と思う事がほとんどになりました。

メーカーさんはとりあえず1年ネックが持てば良いと考えているのでしょうか?

○ニータイマーという言葉を思い出します。。。





ただ、安いギターに関しては逆でこの値段でこのクオリティ?と良い方に驚かされる事も。

そんな中


20131213 (2)


フェルナンデスさんから特価の案内が。

APG-STANDARD 税抜き定価55000円
中国製です。

まぁこんなもんかな?


ただそれが半額以下のなると話が変わる。

25000円程度で買えるギターとしては群を抜きます。

コントロールの落とし込み、ナチュラルバインディング、アーチドトップ。

20131213 (3)

おまけにスルーネック?と思わせる形状のセットネック。

20131213 (4)

ヘッドにもナチュラルバインディング。

スケールは628のギブソンスケールになります。

ネックはマホガニー。ただボディは何故かメイプルトップ、アルダーバック。

ルックスは落ち着いていて、トラディショナルなシェイプでは無いのに、ボロボロになってもカッコイイデザインだと思います。


もひとつ。

20131213 (5)

FR-STANDARD。

メイプルトップです。貼りですけどね。

20131213 (1)

ディンキーシェイプ、ソロイストシェイプの中では一番バランスの良いデザインだと個人的には思います。

こういったシェイプもそろそろトラディショナルと言っても良いようなオーソドックスな外観にフロイドタイプのトレモロ。

アラフォー世代受けなのか。。。

こちらも税抜き定価65000円の半額以下。

すっごくお買い得だと思います。














BURNY LSD-55N を見てみよう。
フェルナンデスって、大阪と東京に有るのですが、実は東京に有るのが”フェルナンデス”で大阪に有るのは”大阪フェルナンデス”

ぶっちゃけ子会社です。

ちなみにアメリカのエレクトロハーモニックスと日本の日本エレクトロハーモニックスは特に子会社とかでは無いです。(余談)

で、最近デジマートで良く見かけるのが
”西日本限定生産”と言う文字。これは大阪フェルナンデスが、大体30本位が多いのですが、独自で生産に入れる”スポット生産品”

それが
201204021.jpg

そして
20120402.jpg

さらに
201204022.jpg


まぁ女の子ターゲットでちょっとボディを薄くしたレスポールシェイプのイロモノです。

過去いろんなメーカーが失敗し続けている”薄いから軽い”レスポールシェイプですが、今回は過去に類を見ない、”レディースバンドブーム”いや”ガールスバンドブーム”。

売れ行きは上々の様です。

まぁ売れてようが売れなかろうが、うちの店の様な趣向性の偏った店には関係無いと言えば無いのですが…


でもたまにはいいじゃん。かっこいいし。


通常は中国の工場から送られてきた物をノーチェックで店に出すようですが、今回は前にちょっとクレームが有った為、全部メーカーチェック済、さらには当店でチェックもしていますので、安心w

では中を見てみましょー。(セットネックなので、あんまり面白みは無いですが…)


201204023.jpg


まず、ちょっと詳しい人なら一目見て、??と思われるでしょう。
そう

マホじゃないじゃん。

そう、今回、拘っているのか、原価を抑える為なのか、バック材をマホガニーで無く、バスウッドを使用しています。ちなみに普通は原価をケチって、と思うでしょうが、実はあんまり変わらないです。
ですから、原価をケチったというより拘り?もしくは、工場から”バスウッドが余っているから使って”と頼まれたのか、定かでは無いです。

余談ですが、中国製の安いギターに使われているマホガニーは”マホガニーに見た目が似た材”で、ぶっちゃけラワンの種類です。それはもう20年以上前からそうです。

ジャパンビンテージが持てはやされるのはそういった理由も大いにあります。

話が逸れましたが

201204024.jpg


ショートテノンです。

ピックアップは
201204026.jpg

こんなんです。

コントロールキャビティは

201204027.jpg

こんなんです。

まぁ普通ですねぇ。(中国製としては)

日本人には許せないかも知れませんが、アメリカ製も酷いよん。


今回ちょっと思ったのは
2012040281.jpg

ポジションマークを埋めるのが上手くなってます。(一昔前に比べて)

なにより

2012040282.jpg


こ、このノブは新しい…

光らせたい…


グラス何とか(サブブランドのサブブランドの為)とかエピ何とか(論外)より絶対お勧めです。

バッカスのBLS-700の方がクオリティは高いがBURNYの方が発色が明るい。

クオリティの違いはまぁしばらく(数年は)わからないし、わかるようになった頃には多分もう少し高いギターに買い替えを検討すると思うので…

見た目でok。

FERNANDES ENGRAVE &ENGRAVE-ZO
各30本の限定でフェルナンデスから装飾モノのギターが発売されました。

スペックとしては至ってオーソドックスな”アルダーボディ(赤は+張りトラ)、メイプルネック、シンクロトレモロでロングスケールのボルトオンネックです。
2010122808.jpg
2010122807.jpg



ピックガードが特徴的で"DAIKAN"という大阪の先鋭的な看板屋さんで…まさか大阪の看板屋さんなので"DAIKAN"って、ネーミングも大阪っぽくていいですねぇ。(推測です)

こちらのピックガード、なにが凄いかって、錆取りの金属ブラシで擦ってもほとんど傷が付かないみたいで
”かつて、ここまでキズに強いピックガードがあっただろうか?”というキャッチコピーです。


たしかに、ジョンサイクスモデルのピックガードとかミラー系のピックガードがキズだらけになると凄く目立つので、ミラー系のピックガードならこのコーティング技術は良いですね。

(前のこの素材でピック作って!て言ったらコーティングなので、ピックだと、さほど強度が得られないとの事でした)

あと画像ではわかりにくい3Dのレーザー彫刻。

コレはかなり綺麗です。

現在最もステージ栄えするピックガードだと思います。



まぁボディ全体を覆ったら
2010122806.jpg

こんな感じでしょうか?

リアクション ヤスモデルのレスポールを思い出させます。


2010122805.jpg

こんなんも出てます。
こちらはピックガードに色が付いているわけでは無く、ボディのカラーが透けてピンクに見えています。


      ZO-3はまさかのハードケース付きです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。